プロフィール

NPO法人「名倉の風」 奥三河アートフェスティバルの事

平成12年のことです、愛知県北設楽郡設楽町納庫(なぐら)にある『福祉村キラリンとーぷ』から、木工部門の立ち上げを依頼されました。とんでもない田舎のようですが、興味半分、単身赴任、2年間の予定でした。

赴任して数ヶ月、落ち着いて来た頃にようやく周りの様子がわかってきました。そこには現代の都会が失った、昔ながらの人と人の暖かな繋がりがあったのです。「これはとんでもない所へ来てしまった、もしかして私の人生を変えてしまう地に来たのか?」との予感が湧きました。そして更に数ヶ月、予感は的中しました。この地がますます好きになり理想郷に見えてきました。ここに移住することに決心しました。

土地を求め、家を建てる段階から多くの方々に支えられました。そして住んでみてやはり、この移住は大正解だったと実感しました。人々は暖かく、とんでもなく親切です、毎日がゆったりと過ぎていく感じがたまらなくいい。しかし、若い人は都会へ出て行ってしう。過疎と高齢化がどんどん進んでいく・・・・

ここに住むことについては、本当に多くの人に助けられ、支えられた。たいした事は出来なくても、それでも何かして今までの恩返しをしよう。そんな想いから地域起こしのためのNPO法人「名倉の風」を立ち上げました。資金はありません、でも、地域を何とかしたいという志を一つにする仲間がいます。仲間の、手弁当でのボランティアに頼る運営ですが、「地域に希望と元気を!」の掛け声の下ゴミ拾いに、地域起こしの活動にと頑張っております。

私の略歴です。

1940 岐阜県多治見市に生まれる

1958 県立多治見高校卒業後、家具メーカーで企画開発、営業部門に携わる

2000 “福祉村キラリンとーぷ”の依頼を受け、木工部門を立ち上げる。

(商品企画開発、技術・販売戦略指導)

2005  名倉高原アートフェスティバル実行委員長を受け継ぐ

2011 第11回より 奥三河アートフェスティバルに名前を変更

2011 設楽町議会議員選挙に立候補し当選

2014 設楽町議会議員任期終了

コメントを残す